2018年1月21日日曜日

現代都市政策研究会2018年1月例会案内


現代都市政策研究会2018年1月例会

テーマ「司法ソーシャルワークとは~司法と福祉を結ぶ最前線の活動の現状とこれから~」

講師 長谷川翼氏(弁護士,現法テラス多摩法律事務所,法テラススタッフ弁護士,元東京パブリック法律事務所)

飯田健太郎氏(弁護士・社会福祉士,現東京パブリック法律事務所,元法テラススタッフ弁護士)



最近、「司法ソーシャルワーク」という言葉を耳にすることが多くなってきましたが、まだまだ一般的には馴染みの少ない言葉かもしれません。司法ソーシャルワークを簡単に表現すると「福祉と司法の連携」です。例えば第三者からの搾取の問題や成年後見制度の活用、触法行為者の地域生活の安定など、様々な課題を抱える方をどのように支援していくかは、現場にいる行政、福祉や医療等の専門職だけでは解決に結びつかず、様々な人たちと連携しながら適切な司法サービスへつなげていくことが求められています。

今回は、3年前に練馬区社会福祉協議会に司法修習生として実習に来られ、現在、若手の弁護士として活動されている長谷川氏と社会福祉士の資格も持たれ活動されている飯田弁護士のお2人にお越し願い、司法ソーシャルワークとは?法テラススタッフ弁護士とは?都市型公設事務所・東京パブリック法律事務所とは?具体的な事例の紹介今後の課題についてお話を伺い、福祉と司法を結ぶ最前線の活動(司法ソーシャルワーク)について皆さんと一緒に考えたいと思います。(文責 室地隆彦)


1.日時 2018年(平成30年)1月28日()午後2時~午後430

2.場所 三鷹駅前コミュニティセンター4階会議室(1)

現代都市政策研究会9月例会感想


「合意形成の意義と限界‐大規模開発を事例として‐」を聞いて

 M     O


 中央大学の礒崎先生の講演について、室地さんがまとめを報告していただいていますので、私は、自身の感想を述べたいと思います。

 国の議会において、多数派与党による乱暴な議会運営が問題となっています。そもそも、議会制民主主義においても、意見の異なる者同士が十分な時間をかけて理性的に討議し、意見がどうしても一致しない場合に多数決を行うといった「熟議」による意思決定が望まれます。しかし、安全保障や集団的自衛権といった国政における重要課題や共謀罪といった基本的人権にかかわる問題についても、十分な審議が行われず、結果として国民の十分な理解が伴わないまま法案が可決されるという事態が起こっています。そのような状況において、「合意形成」に関する様々な課題について議論が深められることは意義深いものであると考えます。

 礒崎先生からは、「合意形成の5W1H」といった考え方が示されました。特に、なぜ合意形成が必要なのかということについて掘り下げられる必要があります。多数決により決定された政策と、熟議の過程を経て決定された政策とでは、その合意の「質」は異なるのかということに関心があります。理性的な討議を重ねる中でよりよい答え=政策に近づくことができるのであれば、「合意形成」の重要性がたかまるでしょう。

 さらに、どのように合意形成をするかということについても、さまざまな手法・方法論が研究され実践される必要があると考えます。参加の手法・技法が工夫されることが望まれます。

 礒崎先生からは、特に、大規模開発における合意形成についても報告されました。「受益圏」と「受苦圏」が分裂し、対立する中でどのように合意を形成するかということについては、なかなか解決策は見出すことができません。最終的には、司法による解決に委ねることにもなりますが、そもそも、開発者側や行政側と住民との間において、ボタンの掛け違えが原因で対立が深刻化することも多々ありました。それらを未然に防止するという観点からも、合意形成の手続や手法を検証していきより良い解決策を見出す努力が必要と感じました。

 さらに、合意形成も、住民相互の合意や行政と住民との間の合意といったレベルから、政府間の合意ということも提起され、「地域環境管理権」や「自治体・コミュニティの同意権」といったことも示されました。沖縄米軍基地の辺野古移設問題の事例においては、国と自治体の間で、「国地方係争処理委員会」や裁判手続も繰り返されていますが、いまだ解決には至っていません。このことを「合意形成論」で整理していく試みですがさらなる研究と解決に向けた努力が望まれます。

 「合意形成」に関する研究は、人は、「熟議」による理性的なやりとりにより、人は、よりよい答えに近づくことができるということを信じることにより、民主主義をさらに進化させることができると考えます。

2017年9月17日日曜日

都市研 40周年記念 シンポジウム ~新しい世代につなぐ~

都市研 40周年記念 シンポジウム
~新しい世代につなぐ~
1.日時 2017年11月12日(日)13時から16時20分まで (開場:12時30分)
2.会場 三鷹市市民協働センター2階会議室 (三鷹市下連雀4−17−23)

2017年9月9日土曜日

現代都市政策研究会2017年9月例会案内


テーマ「合意形成の意義と限界~大規模開発を事例として~」

講師 礒崎初仁氏(中央大学法学部教授)

国や自治体の計画づくりや事業実施に至る過程の中で「合意形成」という言葉が一つのキーワードになっている。しかし、合意形成にあたっては、そもそも合意形成とは何か、誰に対して、どのような方法で、いつ、どこまで行えば「合意形成」を果たしたと言えるのかは、それぞれの現場において暗中模索が繰り返されているのが現状と言える。

特に、大規模事業においては、悩ましいところであり、現場を経験している職員の中には、その限界すら感じざるを得ない時もあるのではないか。

そのような問題認識のもと、現代都市政策研究会では、過去、2010年に『大規模開発と合意形成』をテーマにソウル市内で行われた清渓川の復元事業について、研究者、事業者、住民団体の3者からヒヤリング調査も実施している。

今回の例会では、礒崎初仁先生(中央大学法学部教授)をお呼びし、昨年『自治研究』(平成28年7月号・8月号)に発表された論文、「大規模開発と合意形成」をもとにお話を伺い、改めて「合意形成」とは何か、いつ、どこまで行えば「合意形成を果たした」と言えるのか、特に大規模開発を事例に「合意形成」の意義と限界について皆さんで考えてみたい。(文責 室地隆彦)



1.日時 2017(平成29)924()午後2時~午後430



2.場所 三鷹駅前コミュニティセンター4階中会議室(2)

現代都市政策研究会2017年7月例会感想


ベルギー、フランスのエコミュージアム視察報告を聞いて

K.      S.      

 エコミュージアムとは何か。これについて、多くの人は知らないのではないのかと思う。矢野会員は、エコミュージアムとは①フランスにおいて地方文化再評価の中で1960年代後半に誕生した概念であり、②地域社会の内発的・持続的な発展に寄与することを目的に一定の地域において住民の参加により環境と人間との関りを探る活動と仕組みと定義され、③ある一定地域において成立した有形無形の生活・文化・産業の遺産や記憶等を対象としている、④ベルギーで視察した炭鉱施設は世界遺産に登録されているが来館者はさほど増えていないと説明している。

このうち、④については日本とは対照的と言えよう。日本では、世界遺産登録を地域おこし、町おこしと結ぶ付け、観光拠点として打ち出し観光客の増加を期待しているからである(例:群馬県の富岡製糸工場)。ここに日本と欧州との文化の相違点を見出すことができると言ってもよい。日本ではとかく、人を呼び込み、経済効果を高めることに熱心である。経済効果が高まるのは良いが、その弊害として当該地域の環境汚染が懸念される。世界遺産登録に熱心になるのも良いが、世界遺産登録後も静かな環境が維持されることについても熱心であるべきだ。

2017年7月22日土曜日

現代都市政策研究会2017年7月例会案内


現代都市政策研究会2017年7月例会

テーマ「エコミュージアムの現状~フランス・ベルギーを視察して~」

講師 矢野勝己会員(社会福祉法人授恵会 業務執行理事、三鷹市障がい者自立センターゆー・あい 施設長)

私は、教育委員会で文化財保護行政に9年間また財団における芸術・文化事業の中で4年間、計13年間何らかの形で文化財に係る仕事をしてきました。その中において、フランスで1960年代後半に誕生したエコミュージアムの概念に共感し、三鷹市の基本計画に位置付けるように提案し、市としても推進を図ってきているところです。

 一昨年の8月下旬に日本エコミュージアム研究会の海外視察に同行し、フランスとベルギーのエコミュージアムを視察してきました。あのテロの直前になります。研究会では、10数年ぶりの海外視察とのことでした。同行の方は、ほとんど大学の教員でした。今回の視察先に以前視察された方は3名いましたが、いずれも17年前であり、変遷を辿ることも目的のひとつでした。

 その結果、必ずしも順調に発展しているのではなく、新たな困難に直面していることが判明しました。市民の参画は日本の方がむしろ進んでいることも分かりました。

 また、ミュージアムとしての質の高さや理念の具現化には学ぶことが多かったのも事実です。 日本ではあまり知られていない発祥の地でのエコミュージアムの現状を、スライドなどを交えてお伝えいたします。(文責 矢野勝己)

 1.日時 2017年(平成29年)7月30日(日)午後2時~午後4時30分

2.場所 三鷹駅前コミュニティーセンター4階会議室()

現代都市政策研究会2017年6月例会感想


ワークショップに参加して

R.       T.

 最近の勉強会はワークショップが多い。研修型では一方向だから、ということなのだろうが、時間の制約の中でワークショップを成立させ、成功させるのは、とても難しい。今回も実質2時間程度で、課題の原因・背景・解決策の考察を8人前後のグループで取り組んだ。

私はこのタイプのワークショップを何度か経験しており、事前に少しは考えて来たものの、その場になるとうまく言葉にできなかったり、多くの意見を出すべきなのに、他の方と意見が重なったりと、歯がゆい思いをした。しかし、グループの皆さんの意見を聞くうち、自分では思いもよらなかった発想や策が多く出てきて、ワークショップの醍醐味を大いに感じることができた。

また、グループの発表者という大役を仰せつかり、壮大な付箋の広がりをつたなくではあったが、まとめて発表させていただいた。最後には嶋田先生のまとめもあったが、互いの班の付箋の広がりを観察しあう時間が欲しかった。